先日のこと、長年乗ってきた愛車を売ることになりました。売りに行った際に中古車販売の業者から、その後の中古車をネットで販売する流れや売却の手続きに関する書類などの丁寧な説明を受けました。



大切にしてきた車なので、次も大事にしてくれる方に売れればいいなと思い、こちらも真剣に説明を受けました。
買取業者に車を売る際の手続きを具体的にあげると以下の通りです。初めにネットの一括査定サイトを活用して、年式や各種条件から簡易的な査定額を出してもらい、買取対象となる車を実際に業者が採点していき、買取金額の提示となります。必要に応じて金額アップの交渉などを行い、引取日程や金額などの調整が済んだら契約書にサインします。


引取日が来たら車を買取業者に引き渡し、先方による書類上の手続き等を経て代金が支払われます。

支払いは振込が一般的です。

ネットでリサーチしてみると、相場が乗ってるページを見つけられます。
そのサイトを役立てれば、容易に愛車の相場が確認できます。



車のメーカーの公式ホームページでも、買取の相場を確かめられます。車の一括無料査定を使って、相場を知るという方法もあります。



しかし、あくまで相場ですので、少しは金額が変動します。どんな車のタイプなのか、あるいはいつのタイミングなのかで違いがありますが、外車では、買取業者に買い取ってもらおうとすると査定額に納得できないということが起こることが多発します。



手放すのが外車であった時には、買い取っている車が外車だけだという業者か特に外車の買取をよく行っているという会社を選んで査定依頼に出すことが重要です。


その他にも、査定は数か所の買取業者で行ってもらう、これを忘れないようにしてください。
車についてしまったすり傷や壊れた個所は、あまり直さずに査定に見てもらうようにしましょう。



傷や壊れた個所があれば、その分だけ評価額は低くなってしまいます。しかし、傷や大小関わらず気になる故障は、買取業者が自社で調整したり、直したりするので、評価する前に直しておく必要はないのです。マイナス査定で減らされる金額よりも、修理費用の方が高額になってしまいます。


10対0で先方に過失があって追突され、車に損傷が生じた場合、あとになって買取や下取りに出そうにも、事故車ということでそうでない車とは比べ物にならないほど低い査定額になってしまう場合があります。
本来の価値との差額に相当する部分を保障するよう、事故の当事者である相手に求める場合、交渉次第で可能な場合もあれば、ダメなこともあります。

保険だけで解決しようとする場合、当事者間で話し合っても当の保険会社としては支払い対象外とすることがほとんどだと思います。やむをえず訴訟に踏み切ることも視野に入れた上で弁護士事務所などと話し合ったほうがいいかもしれません。

車の買取に関する疑問では、所有者本人以外でも売れるのか?というのが結構あります。一家に車が一台と考えると、名義人以外が売却するのは「よくあること」と考えて良いでしょう。名義が家族(同居・別居を問わず)や親族、それ以外の場合でも、きちんとした手続きを踏む必要があります。

それには名義人の印鑑証明書と譲渡証明書(実印を押印)、売却を代理人に託す委任状(実印を押印)を揃えていただければ、代理人の方でも売却できます。
自動車金融などで名義が会社のものになっている車については、売却できないため、査定を断られると思います。


そちらの支払いを終えていただき、名義変更してからなら売却可能です。車を売る時に必須なものの一つが、車検証です。けれども、査定だけなら、車検証の必要がなく受ける事が可です。それは、査定のみなら契約ではないからです。売買契約を取り行う時には、必ず車検証を持参が必須であります。


車検証がなければ、登録抹消、名義変更ができないのです。
二重査定制度は中古車を取扱う業者にとっては好都合な制度ですが、利用者にとってはかなり不利な制度です。悪質な業者にひっかかると、二重査定という制度を巧みに使って、大幅に査定額を下げることもあります。

トラブルを防ぐためにも、契約を行う前に契約内容を明確に把握すること、査定時に正しく車の状態について伝えることが大切です。車の買取で難しいのが低年式車の扱いです。人気のある車種の限定車などであれば、手を加えていないとか状態の良さで買取価格がつく可能性がありますが、査定サイトで0円表示されるような車は売主の満足がいくような価格をつけてくれる業者はいないでしょう。



そんなときには個人間の売買を考えてみても良いかもしれません。


愛好家同士なら営業マンの目線ではなく「買いたい人」の判断になるため、買取査定時より高い値段がつく可能性がありますから、愛好者同士のサークルやカーオークションサイトなどを覗いてみてください。